バーチャルオフィス

GMOオフィスサポート|審査に落ちる?ネットの評判を覆す【3か条】を紹介!

GMOオフィスサポート サムネイル

GMOオフィスサポートを契約しようかな?」と思い、

検索ワードに「GMOオフィスサポート」と入れると、候補として表示されるのが「審査」というキーワード。

契約前にどんな審査が行われるのか気になっている人が多いようです。

 

今回はGMOオフィスサポートの審査に合格する3か条を紹介し、評判・口コミや料金プランも併せて解説します。

果たして、GMOオフィスサポートの審査は厳しいのでしょうか?

合格するための3か条をお伝えしますね^^

【3か条】GMOオフィスサポートの審査を通過しよう

早速、GMOオフィスサポートの審査に合格する3か条をお伝えします。

合格の3か条

  • 事業内容は適切か
  • 必要書類は揃っているか
  • 社会人として常識を持っているか

え?こんなの当たり前では?」と思ったあなた。

あなたは正しいです。

GMOオフィスサポートの審査は特別厳しいわけではないです。

※かと言って、審査は緩くもないです。

逆に、この3か条を守らないと、審査を通過するのは難しくなるでしょう。

ということで以下で「3か条にはどんな意味があるのか」詳しく解説しますね。

 

①事業内容は適切か

バーチャルオフィスに適していない事業の場合、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

GMOオフィスサポートの場合、以下の事業では審査に落ちやすいかもしれません。

落ちやすい事業

  • 情報商材や金融商品を扱う事業
  • クレームやトラブルが多い事業
  • 許認可の必要な事業
  • 来客や対面対応の多い事業
  • その他、提供住所のブランドイメージが傷つく可能性がある事業

バーチャルオフィスは、ひとつの住所を複数人(企業)で共同で利用します。

そのため、住所が一度でも(悪い意味で)晒されたり、ネット上に悪評が流れるとNGなんです。

そのため「事業内容が適切なのか」は、審査の大事なポイントになるはずです。

 

②必要書類は揃っているか

必要書類を揃えられない場合、審査に落ちる可能性が高いです。

と言っても、特別な書類は必要ありません。

簡単に提出できる書類ばかりですよ。

代表的な必要書類をまとめますね!

法人の方履歴事項全部証明書
法人の印鑑証明書
個人事業主の方住民票
個人の印鑑証明書
共通の必要書類運転免許証 又は 顔写真入り身分証明書のコピー
公共料金の明細や請求書のコピー
転送先の電話、ガス、電気、水道、年金、健康保険の証明書など

逆に上記書類を揃えられない人は、審査に落ちても文句は言えないですよね。

 

ほかにも、企業の場合はHPを求められたり、個人でもSNSアカウントを求められる場合もあります。

怪しい事業ではないよね?」という確認のために必要なので、求められたら必ず情報を提供しましょう。

 

③社会人として常識を持っているか

社会人の常識がない人は確実に審査に落とされるでしょう。

なぜなら審査側としては、契約後にトラブルが起きるのを避けたいのです。

 

バーチャルオフィスとは、複数の人や企業が同じ住所を利用するシステムです。

たった一人(企業)のマナーやモラルの欠如によって、他のユーザーの評判も地の果てに落ちてしまう可能性があるのです。

 

と言っても、ビビる必要はなくて、、、

「メールや電話で敬語を使う」「早めに折り返しする」「ビジネスマナーを守る」

こういった社会人として普通のことができれば大丈夫です。

当ブログを読んでいるあなたなら大丈夫でしょう。多分w

補足

下記に該当する場合、確実に審査に落ちます。

  • 犯罪目的の利用
  • 反社会的勢力
  • 政治・宗教・思想団体

ユーザーの安心を担保するためなので、悪しからず。

 

では、そんなGMOオフィスサポートとはどんなバーチャルオフィスなのでしょう?

以下でGMOオフィスサポートについて詳しく紹介します!

 

GMOオフィスサポートの特徴・店舗一覧

GMOオフィスサポート」は業界最安水準の料金プランが特徴のバーチャルオフィス。

2021年にサービス開始したばかりですが、ユーザーからの人気は絶大!

あれよあれよという間に拠点を増やし、

2023年現在、首都圏を中心に全国11か所まで拠点を広げています。

そんなGMOオフィスサポートの特徴をまとめます。

特徴

  • 月額660円~という格安料金プラン
  • 郵送料もコミの料金なので超格安!
  • 全国11拠点から選べる
  • 信頼と実績のGMOグループ
  • GMOあおぞら銀行への情報連携
  • 駅近10分圏内という一等地
  • ビジネス支援メニューでサポート
  • 最短即日で利用開始できる

 

店舗一覧

GMOオフィスサポートの店舗一覧をまとめます。

地域店舗一覧
東京渋谷
新宿
銀座
青山
秋葉原
関東横浜 ←NEW
東海名古屋
関西大阪・梅田
京都
九州福岡・博多
福岡・天神

サービス開始後2年足らずで主要地方都市にも進出しています。

今後の店舗拡大にも期待しましょう!

 

GMOオフィスサポートのメリット・おすすめポイント

GMOオフィスサポートのメリットを3つピックアップしました。

メリット/おすすめポイント

  • 圧倒的な格安プラン
  • 大手GMOグループの安心感
  • 法人口座の作成サポートあり

 

圧倒的な格安プラン

GMOオフィスサポート 料金

GMOオフィスサポートは月額660円~と業界最安水準の料金です。

月額料金だけでなく、入会金や保証金といった初期費用も不要

他のバーチャルオフィスに比べても圧倒的にコスト削減できるのがメリットです。

でも、どうせ上位プランは高くなるんでしょ~?
起業家さん
いいえ、上位プランでも充分格安です。

GMOオフィスサポートの最上級プランは月額2,750円

大都市圏のバーチャルオフィスは、相場が3,000~5,000ほどなので、

他ではあり得ないレベルの格安料金だというのが実感できると思います。

 

大手GMOグループの安心感

GMOオフィスサポートはGMOグループ

近年、バーチャルオフィスを提供する企業が増加していますが、

なかには資本金が少なかったり、会社情報が公開されていなかったり、、、

信頼できないバーチャルオフィスサービスも多数存在します。

その点、GMOオフィスサポートは東証プライム(旧:東証一部)上場企業のGMOグループが運営しているので安心です。

会社の経営基盤である資本金も2億9千万円と、他の企業を凌駕しています。

潰れるリスクが低いので安心です!

 

法人口座の作成サポートあり

GMOオフィスサポートのビジネス支援

GMOオフィスサポートを利用すると、グループ企業のGMOあおぞら銀行に情報連携してくれます。

そのためバーチャルオフィスでは難易度が高い「法人口座の作成」がスムーズに行われるのです。

 

ほかにもGMOオフィスサポートでは、多くのメニューでビジネスマンを支援。

会計ソフト「マネーフォワード」「Freee」の1ヵ月無料サービスや法人設立登記の代行、ワークスペースの割引サービスや名刺作成など。

痒いところに手が届くサポートを多数実現してくれます。

料金が格安ですしサービスも多数なのでおトクですよ!

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

今、一番オススメのバーチャルオフィス!

 

GMOオフィスサポートのデメリット・注意点

GMOオフィスサポートを利用するデメリットは以下の通りです。

ポイント

  • 地方拠点が少ない
  • 貸し会議室がない
  • クレジットカード1年払いのみ

 

地方拠点が少ない

GMOオフィスサポートの拠点は都市圏中心の11拠点のみ。

新拠点が次々OPENしているとはいえ、「ワンストップビジネスセンター」や「Karigo」といった大手バーチャルオフィスと比較すると少ないです。

地方在住の方の選択肢が少ないのがデメリットのひとつです。

 

貸し会議室がない

GMOオフィスサポートでは貸し会議室を提供していません。

そのため対面営業やクライアントとの商談で会議室が使用したい場合、自分で会議室を探す必要があります。

なお、GMOオフィスサポートでは「Threes」という貸しワークスペースを案内してくれます。

契約者は利用料金5%割引が適用されるので、ちょっとだけおトクにワークスペースを利用できますよ^^

 

クレジットカード12カ月一括前払いのみ

GMOオフィスサポートの支払いは、クレジットカードでの12カ月一括前払いのみです。

ひと月ごとの契約や銀行振込などには対応していないのでご注意ください。

最低12カ月は利用するつもりで契約してね!

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

初年度は9カ月分の料金だけでOKです!

 

GMOオフィスサポートの評判・口コミ

GMOオフィスサポートの評判・口コミをネット上で探してみました。

 

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミからです。

本当に1日で利用開始できた。
法人銀行口座も作れて転送料も込みで1650円てコスパ良すぎ。ありがたい。

Googleマイビジネス

コスパが良い」「価格が安い」「たった1日で利用開始できた」といった高評価が多かったです。

他にもGMOあおぞら銀行の口座開設を案内してくれる点がGOODな印象です。

 

実は、バーチャルオフィスの住所では銀行口座を作りにくいんですよ。。。

その点、GMOオフィスサポートは同系列の「GMOあおぞら銀行」の口座開設をサポートしてくれるのが嬉しいポイントです。

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

【高評価が多数!】
人気のバーチャルオフィス!

 

悪い評判・口コミ

続いて悪い口コミですが(残念ながら?)特に見つかりませんでした。

強いてあげれば、GMOオフィスサポートへの要望がありました(^^;

なお、公式HPによると大阪オフィスは近日OPEN予定とのことです。

ほかにも福岡・天神や博多にもオープン予定なので、お近くの方は首を長くして待っていてください^^

⇒(2023年追記)大阪、横浜、京都、福岡に新拠点がOPENしました!

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

【新拠点OPEN!】

もっとも人気&勢いのある
格安バーチャルオフィス!

 

GMOオフィスサポートをオススメできる人&できない人

GMOオフィスサポートオススメできる人オススメできない人を以下でまとめます。

 

オススメできる人

まずはオススメできる人です。

オススメできる人

  • 格安で住所レンタルしたい人
  • 経費削減したい人
  • GMOグループのビジネス支援を受けたい人
  • (GMO系列)GMOあおぞら銀行で口座開設したい人
  • 即日で利用開始したい人
  • 東京の一等地を住所レンタルしたい人
  • 個人事業主・フリーランスの人
  • ブログやプログラミングなどネット事業の人
  • 保険などの営業代行の人
  • 副業で自宅バレしたくない人

GMOオフィスサポートは他のバーチャルオフィスに比べて格安で住所レンタルできます。

上位プランでも、郵便料も含めたプラン料金なので、驚くほど格安なのが特徴です。

他のバーチャルオフィスは料金がどんどん加算されちゃうからね。

また、同系列であるGMOグループのビジネス支援が受けられるのもポイントです。

GMOあおぞら銀行への情報連携やGMOサイン(電子印鑑)だけでなく、

マネーフォワードやFreeeといった会計サービスを1ヵ月無料で利用できます。

これから開業する方や法人登記される方にもオススメです!

 

オススメできない人

続いてオススメできない人です。

オススメできない人

  • 登記したい拠点がない人
  • 地方・ローカルだけで活動したい人
  • オフィスや会議室を利用したい人

2023年現在、GMOオフィスサポートは大都市圏の11拠点のみです。

そのため地方在住だと「登記したい住所がない」方も多いと思います。

地方・ローカル限定で活動したい方もいますよね。

そんな方は他のバーチャルオフィスが最適でしょう。

※GMOオフィスサポートでは全国各地に拠点がOPENする予定です。

 

また、住所利用だけでなく、打ち合わせ用の会議室やフリースペースを利用したい人もいるでしょう。

GMOオフィスサポートではそういったスペースは提供していないので、注意してくださいね。

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

今、一番オススメのバーチャルオフィス!

 

GMOオフィスサポートの料金プラン|おすすめプランも紹介!

GMOオフィスサポートの料金プランを紹介します。

基本プランは次の4種類です。

基本プラン

  1. 転送なしプラン
  2. 月1転送プラン
  3. 隔週転送プラン
  4. 週1転送プラン

それぞれ基本内容や料金が異なるので、以下の表でまとめますね。

料金プラン

おすすめ
転送なし
プラン

月1転送
プラン

隔週転送
プラン

週1転送
プラン

料金(税込)
※初年度割引あり
月額660
※初年度495円
月額1,650円
※初年度1,238円
月額2,200円
※初年度1,650円
月額2,750円
※初年度2,063円
郵便物
転送

月1回転送

隔週転送

週1転送
法人登記
こんな人に
オススメ
個人事業主
フリーランス

郵便物が届かない業種
個人事業主
フリーランス
法人

まれに郵便物が届く職種

個人事業主
フリーランス
法人

YouTuber
営業職
郵便物が届く職種

個人事業主
フリーランス
法人

物販
営業職
頻繁に郵便物が届く職種

 

オプションサービスは下記表の通りです。

必須オプション
※転送付きプランに必須
速達/書留転送660円/通速達郵便、簡易書留で到着翌営業日に転送
不在表通知220円/回受け取り不可の郵便物をマイページでお知らせ

 

郵便オプション
写真でお知らせ1,100円/月届いた郵便物の写真をマイページ上で閲覧
即時転送550円/通郵便物を翌営業日に転送

GMOオフィスサポートでは、転送の際の郵送料も込みで上記料金になります。

ここがオイシイところですよ^^

他のバーチャルオフィスでは郵送料が基本料にどんどん加算されますが、GMOオフィスサポートはいたってシンプル。

あなた宛てに郵便物が届く回数でプランを決めればOKなんです。

 

例えば、ブロガーやコンテンツ発信者は転送なしプランでOK。

ファンのいるYouTuberやセミナー講師は月1転送プランでOK。

営業をガンガンかける職種や、返品の多い物販などは週1転送プランがオススメです。

まずは転送なしプランで試して、必要になったら上位プランへ変更してもOKですよ^^

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

格安&人気急上昇のバーチャルオフィス!

 

GMOオフィスサポートの申込方法

GMOオフィスサポートの申込方法を解説します。

申込は次の4ステップです。

GMOオフィスサポートの申込方法①

 

①申込

まずは下記ボタンからGMOオフィスサポートの公式サイトへジャンプして下さい。

続いて画面の「お申し込み」をタップしてください。

GMOオフィスサポートの申込②

 

メルアドレスとパスワードを入力して「認証コード送信」をタップしてください。

GMOオフィスサポートの申込③

 

登録したメールアドレスにGMOオフィスサポートからメールが届きます。

認証コード」が表示されているので、コピーしてください。

GMOオフィスサポートの申込方法④

 

GMOオフィスサポート公式サイトに認証コードを入力し、「お申し込みフォームへ」をタップしてください。

GMOオフィスサポートの申込⑤

 

「個人」と「法人」で申込フォームが異なります。

ここでは「個人でお申し込み」から申し込んでみます。

GMOオフィスサポートの申込方法⑥

 

基本情報の登録」画面からお名前などを入力してください。

あとは画面の案内に従って入力していくと、申込が完了します。

GMOオフィスサポートの申込方法⑦

 

②支払い

続いてプラン料金の支払いです。

支払いは『クレジット決済の一括前払い』だけです。

なお現在、新規契約特典として「初年度の基本料金が3ヶ月分になる無料プログラム」が行われています。

 

③本人確認/審査

支払いの確認が完了すると、GMOオフィスサポート側で本人確認や審査が入ります。

しっかり申告すればきっと大丈夫!

 

④利用開始

本人確認および審査が完了すると利用開始です。

早ければ即日開始なのが嬉しいポイントですね!

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

早めに申し込んで即日開始しませんか?

 

【5選】GMOオフィスサポートに関するQ&A

GMOオフィスサポート利用前に知っておきたい5つのQ&Aをまとめました。

 

Q1.今後、オフィスは増えますか?

A.はい!

今後、大阪オフィス/福岡・天神オフィス/福岡・博多オフィスがオープン予定です。

オープン次第、当ブログでもお知らせしますね!

➡(2023年追記)横浜、大阪、京都、福岡に新拠点がOPENしました!

 

Q2.初期費用はいくらですか?

A.無料です!

GMOオフィスサポートでは、入会金や保証金といった初期費用は不要です。

必要なのは「契約プランの料金」のみ。

わかりやすい料金設定ですし、コスパも良いのでおすすめです。

 

Q3.プラン変更はできますか?

A.プラン変更できます!

GMOオフィスサポートの支払いは12カ月分前払いですが、プランの途中変更も可能です。

変更する場合は「プラン差額×残月数」を追加で支払えばOKです。

まずは「転送なしプラン」からスタートして、

必要になったら「転送付きプラン」に変更することも可能ですよ。

 

Q4.GMOグループのおトクな特典はあるの?

A.あります!

出資元のGMOあおぞら銀行と連携して、口座開設の申込がサポートされます。

実は、バーチャルオフィスの住所は銀行口座の審査に通りにくいのです。

その点、GMOオフィスサポートとGMOあおぞら銀行は同系列なので、比較的審査に通りやすいです。

補足

口座開設には必ず審査が行われます。

審査に通ることが約束されたわけではないのでご注意ください!

 

Q5.解約できるの?

A.できます!

利用規約にて「解約希望日の40日前までに解約通知を行うことで解約可能」と記載があります。

GMOオフィスサポートのQ&A

解約したいときは早めにGMOオフィスサポートに通知してください。

大手GMOグループなので規約はしっかり遵守されていますし、

ユーザー側も安心して契約できますね!

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

安心の大手GMOグループが運営!

 

バーチャルオフィス「GMOオフィスサポート」:まとめ

今回はGMOオフィスサポートの審査に合格する3か条や料金プラン、メリット・デメリットなどを紹介しました。

GMOオフィスサポートをまとめると、以下の通りです。

まとめ

  • 3か月分の基本料金が無料になるキャンペーン中!
  • 月額660円~と超格安なプラン料金
  • しかも初年度は月額495円~!!
  • 郵送料や基本料金も含まれた料金体系
  • 渋谷、新宿、銀座、名古屋、大阪など全国11拠点
  • 大阪、福岡天神、福岡博多がOPEN予定⇒OPENしました!
  • GMOあおぞら銀行の口座開設がスムーズ
  • 安心と信頼のGMOグループ!
  • ビジネス支援メニューで起業をサポート

GMOオフィスサポートは月額660円~と格安なうえ、入会金や保証金といった初期費用が不要です。

しかも初年度は月額495円~なので大幅なコスト削減につながります。

2023年現在、全国11拠点に展開されていますが、今後も新拠点がOPEN予定なのも嬉しいポイントです。

あなたの地域にも拠点ができるかもしれません^^

GMOグループならではのビジネス支援メニューもついていますし、あなたの起業・開業を最大限応援!

今後、さらに発展していくGMOのバーチャルオフィスサービスを、あなたも活用してみませんか?

\初年度【3カ月無料】キャンペーン中/

GMOオフィスサポート 公式

今、一番オススメのバーチャルオフィス!

-バーチャルオフィス
-,