バーチャルオフィス

神奈川県の格安バーチャルオフィス⑦社をおすすめだけ徹底比較【横浜/桜木町・みなとみらい/関内/川崎】

神奈川県のバーチャルオフィスのサムネイル

神奈川県にはたくさんのバーチャルオフィスがあり、どれが良いか迷いますよね。

横浜や桜木町・みなとみらい、川崎といった神奈川県の中心で格安のバーチャルオフィスを見つけたいところです。

アクセスの良さも重要ですね!

本記事では、神奈川県にあるバーチャルオフィス社を7社厳選しておすすめランキングを紹介します。

神奈川県のバーチャルオフィスの選び方

まずは、バーチャルオフィスを選ぶポイント3つをくわしく解説します。

ポイント

  1. 価格を確認する
  2. 住所を確認する
  3. サービス内容を確認する

 

価格を確認する

まずはバーチャルオフィスの価格を確認しましょう。

  • 予算に適しているか
  • 価格が安すぎではないか

バーチャルオフィスを借りると毎月の出費になるので、必ず価格を確認しておきましょう。

神奈川県は東京に次いで価格が高くなるので要注意です。

 

ただし、価格の安すぎるバーチャルオフィスは要注意です。

会社が突然閉鎖してしまったり、審査が甘く、犯罪に利用されてしまうリスクがあります。

安かろう悪かろうは絶対ダメですよ!
起業家さん

 

住所を確認する

価格だけでなく、レンタルできる住所も確認しましょう。

会社によってレンタルできる住所が異なりますし、アクセスや治安が悪い地域もあります。

今回紹介するバーチャルオフィスはすべて、アクセスや治安が良いところです。

アクセスや治安の悪い住所なんてレンタルしたくないからね!
経営者さん

 

サービス内容を確認する

郵便物の転送や、電話の転送に対応しているか確認しましょう。

特にネットショップを運営していると、郵便物や返品された商品が登録住所に送られてきます。

契約するプランにどんなサービスが含まれているのか、必ず確認しておきましょう。

 

神奈川県のバーチャルオフィスのおすすめランキング

神奈川県のおすすめのバーチャルオフィス7社を表にまとめました。

会社名主な店舗住所価格
(税込)
転送
サービス
オプション
郵便物電話電話代行会議室

Karigo
(カリゴ)

karigoのロゴ

 

 

横浜横浜市神奈川区三ツ沢
初期費用:5,500円~
月額:3,300円~

実費

上位プラン対応

上位プラン対応
×
横浜 関内横浜市中区翁町
川崎川崎市高津区

ワンストップ
ビジネスセンター

ワンストップビジネスセンターのロゴ

横浜店横浜市西区高島
初期費用:10,780円
月額:5,280円~

100g以内無料

上位プラン対応

上位プラン対応

全プラン対応
横浜桜木町店横浜市中区花咲町

THE HUB

THE HUBのロゴ

横浜WEST横浜市西区楠町
初期費用:11,000円
月額:3,300円~

実費
×
有料

全プラン対応
横浜桜木町横浜市中区桜木町
横浜関内横浜市中区扇町

アントレサロン

アントレサロンのロゴ

横浜県横浜市西区北幸
初期費用:無料
月額:3,800円~

2,000円/月

1,000円/月

3,000円/月

全プラン対応
桜木町横浜市中区桜木町
川崎川崎市川崎区駅前本町

BUSINESS PORT
(ビジネスポート)

ビジネスポートのロゴ

横浜横浜市中区日本大通
初期費用:20,000円
月額:5,000円~

2,000円/月
上位プランで無料

3,000円/月
上位プランで無料

全プラン有料

全プラン対応

Regus
(リージャス)

リージャスのロゴ

横浜横浜市西区みなとみらい
月額:22,900円~
×
要お問合せ

要お問合せ

要お問合せ
横浜駅西口横浜市西区北幸
関内横浜市中区尾上町
横浜金港町横浜市神奈川区金港町

加瀬の
レンタルオフィス

加瀬のレンタルオフィスのロゴ

関内横浜市中区弁天通
初期費用:4,400円
月額:2,200円
××××
関内駅前横浜市中区尾上町
川崎本町川崎市川崎区本町

ランキング順に、各社の特徴をくわしく紹介します。

ランキングTOP⑦

  1. 1位:Karigo(カリゴ)
  2. 2位:ワンストップビジネスセンター
  3. 3位:THE HUB
  4. 4位:アントレサロン
  5. 5位:BUSINESS PORT(ビジネスポート)
  6. 6位:Regus(リージャス)
  7. 7位:加瀬のレンタルオフィス

 

1位:Karigo(カリゴ)

Karigoの画像

画像引用元:Karigo公式サイト

Karigo(カリゴ)」では横浜、関内、川崎、座間の4か所が提供されています。

Karigoは2006年から営業を続けている老舗で、資本金も4168万円と潤沢

安定した経営がユーザーに安心感を与えてくれます。

 

Karigoの最安プランは月額3,300円で、「住所レンタル」と「荷物受取」に対応しています。

Karigoのプラン一覧

電話対応がいらない事業をしている方や、自分自身で電話を受ける方にもっともオススメのバーチャルオフィスです。

もっともスタンダードで安定したバーチャルオフィスです!

\格安3,300円/月~/

Karigo(カリゴ) 公式サイト

 

2位:ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンター」では横浜、桜木町の2か所が提供されています。

近年、ユーザーが急増しているバーチャルオフィスがワンストップビジネスセンターです。

ワンストップビジネスセンターの契約者数について

最大の特徴は女性20代の若手起業家の応援している点です。

「初期費用」と「1か月分の料金」が無料になるサービスを実施しており、若い起業家や女性から高く評価されています。

\女性や20代は初期費用・1か月分無料/

ワンストップビジネスセンター 公式サイト

 

3位:THE HUB

THE HUBの画像

画像引用元:THE HUB公式サイト

THE HUB」では横浜WEST、関内、桜木町、溝の口の4か所が提供されています。

バーチャルオフィスに加え、全国773の拠点スペースを有料利用できるのが最大の特徴です。

突然の打ち合わせや対面営業が必要なとき、THE HUBなら会議スペースを利用できるのでおすすめです。

 

4位:アントレサロン

アントレサロン」では横浜、桜木町、川崎の3か所が提供されています。

初期費用が無料、月額3,800円~と起業初心者でも利用しやすいバーチャルオフィスです。

ただし最安プランでは、「郵便物の受取」や「電話転送」に別料金がかかってしまいます。

コストとサービス内容のバランスをしっかり考慮して契約するようにしましょう!

 

5位:BUSINESS PORT(ビジネスポート)

BUSINESS PORT(ビジネスポート)」では横浜の1か所が提供されています。

最安プランでも月額5,000円と少々高めですが、「契約事務手数料」や「3ヶ月分の料金」が無料になるキャンペーンが行われるのでチェックしてみてくださいね!

 

6位:Regus(リージャス)

Regusの画像

画像引用元:Regus公式サイト

Regus(リージャス)」では横浜、みなとみらい、川崎など10か所が提供されています。

ランドマークタワーやランドマークプラザ内にオフィスを構える世界規模のバーチャルオフィス社がRegusなんです。

月額22,000円~とコスト面は高いですが、日本170拠点のビジネスラウンジを利用できるので、日本中を飛び回るコンサルタントや営業マンに最適のバーチャルオフィスです。

 

Regusでは、全拠点を対象に『最大8カ月間、月額利用料50%オフ』のキャンペーンが実施されています。

どんなオフィスなのか見学することも可能なので、ぜひ下記ボタンから問い合わせをしてみてくださいね!

\月額利用料50%オフのキャンペーン中!/

Regus(リージャス) 公式サイト

 

7位:加瀬のレンタルオフィス

加瀬のレンタルオフィス」では横浜、川崎、新横浜など神奈川県内23か所が提供されています。

月額2,200円と最安ですが、サービス内容は「住所レンタル」だけなのでご注意ください。

「住所しか必要ない!」という方はぜひ検討してくださいね!

 

神奈川県のバーチャルオフィスでよくある質問

神奈川県のバーチャルオフィスでよくある質問にお答えします。

よくある質問

  1. そもそもバーチャルオフィスってなに?
  2. シェアオフィス等との違いはなに?
  3. バーチャルオフィスの住所はどんな用途で使えるの?
  4. バーチャルオフィスを利用するメリットはなに?
  5. なんで審査が必要なの?
  6. 解約するときの注意点は?
  7. ぶっちゃけ違法ではないの?

 

そもそもバーチャルオフィスってなに?

実際のオフィスではなく、「住所」などのオフィスの機能をレンタルできるサービスです。

レンタルした住所で法人登記したり、ウェブサイトや名刺に記載することもできます。

桜木町やみなとみらいの住所を借りることができますよ!

 

シェアオフィス等との違いはなに?

シェアオフィスやレンタルオフィスとは、実際に作業するスペースをレンタルできるサービスです。

「場所」を利用するのがメインサービスなのに対し、バーチャルオフィスは「住所」などの機能を利用するサービスです。

 

バーチャルオフィスの住所はどんな用途で使えるの?

前述した通り、ウェブサイトや名刺に記載したり、法人登記にも利用できます。

ほかにも、ネットショップの特定商取引法の表記に利用することもできます。

桜木町やみなとみらいの住所にするとおしゃれですよね!

 

バーチャルオフィスを利用するメリットはなに?

3つの大きなメリットがあります。

3つのメリット

  1. 自宅住所を公開しなくてよい
  2. コストを削減できる
  3. 一等地の住所をレンタルできる

女性の一人暮らしや小さな子供がいる家庭は、住所を公開すると大きなリスクになりますよね。

ストーカー被害や嫌がらせを受ける起業家も少なくないからです。

 

ほかにも、オフィスを借りるのにくらべて大幅なコスト削減につながりますし、憧れのオフィス街やおしゃれな街の住所を登記することができます。

横浜や桜木町・みなとみらい、川崎でオフィスを借りると莫大なコストがかかりますよ!

 

なんで審査が必要なの?

犯罪に利用されるのを防ぐためです。

バーチャルオフィスの住所は、複数の人や会社で共有されます。

あなたが登記した住所が、公序良俗に反する事業、違法的・反社会的な事業に利用されていたら最悪ですよね。

審査の甘いバーチャルオフィスは絶対に利用しないでくださいね。

 

解約するときの注意点はなに?

バーチャルオフィスの契約は自動更新される場合がほとんどです。

解約する際は、更新月を確認したうえで早めの解約手続きを行う必要があります。

 

また解約後は、ウェブサイトや名刺に記載した住所を削除しないといけません。

もし住所を記載したままにすると、規約違反として延滞料金を請求される場合があります。

 

ぶっちゃけ違法ではないの?

違法ではないです。商標登記法上、会社設立時の本店所在地住所に関する制限はありません。

ただし、以下の業種ではバーチャルオフィスを利用し登記することができません。

 

  • 士業(弁護士、行政書士、税理士など)
  • 人材派遣業
  • 建設業、不動産業
  • 金融商品取引業者
  • 中古品販売・リサイクルショップ

 

神奈川県のバーチャルオフィスのおすすめランキングまとめ

本記事では「神奈川県のバーチャルオフィス」の選び方と、ランキング形式で各社のサービス内容などを紹介しました。

法人登記やウェブサイト・名刺に記載する住所なので、何社か比較して慎重に選びましょう。

以下の記事でもバーチャルオフィスをわかりやすく解説しているので参考にしてくださいね!

-バーチャルオフィス
-,