バーチャルオフィス

【厳選5選】新宿区の格安バーチャルオフィス【おすすめランキング】

新宿区のバーチャルオフィス・サムネイル

東京・新宿区にはバーチャルオフィスが多いので、どこに契約すべきか迷いますよね。

新宿や西新宿、高田馬場といった新宿区のビジネス街で格安のバーチャルオフィスが見つかると嬉しいです。

料金の安さも重要ですが、駅からのアクセスやサービス内容も重要です!

本記事では、東京・新宿区にある安全で格安なバーチャルオフィスを5社厳選しておすすめランキングを紹介します。

【厳選3選】新宿区で格安バーチャルオフィスを選ぶポイント【新宿/西新宿/高田馬場】

東京・新宿区の格安バーチャルオフィスを選ぶ3つのポイントをくわしく解説します。

ポイント

  1. 料金は安すぎないか?
  2. 本当に登記したい住所なのか?
  3. 欲しいサービスを提供しているか?

 

①料金は安すぎないか?最適なのか?

まずはバーチャルオフィスの料金を確認しましょう。

  • 料金が安すぎではないか
  • 予算内で最適なのか

バーチャルオフィスは毎月の出費になるので、必ず料金体系を確認しましょう。

新宿区は東京の中でも料金がかなり高い土地なので、特に注意しましょう!

かと言って、料金の安すぎるバーチャルオフィスも要注意です。

会社の突然閉鎖や、審査がクソ甘く犯罪に利用されてしまうリスクも大きくなります。

格安バーチャルオフィスとはいえ、安すぎるのはダメですよ!
起業家さん

 

②本当に登記したい住所なのか?アクセスや治安も要チェック!

続いて登記できる住所も確認しましょう。

バーチャルオフィスによって登記できる住所がまったく異なりますし、駅からのアクセスや治安が悪い地域だってあります。

新宿の治安の悪い住所なんて絶対にゴメンだね!
経営者さん

特に新宿区のバーチャルオフィスには、こわい地域に住所を構えるバーチャルオフィスも多いです。

なお、今回紹介するバーチャルオフィスはすべてアクセスや治安が良いところなのでご安心ください!

 

③欲しいサービスを提供しているか?

最後に欲しいサービス内容を提供しているのか確認しましょう。

特に郵便物や電話の転送サービスはとても重要です。

たとえばネットショップを運営していると、郵便物や返品がバーチャルオフィスの住所に送られてきます。

郵便物の転送サービスがないと困るよね!
個人事業主さん

ほかにも営業職では、不在中に顧客から電話がかかってくることも多いです。

そんなとき電話の転送サービスや電話代行サービスを提供しているバーチャルオフィスだと便利ですよね。

なので絶対にサービス内容を確認してくださいね!

 

【おすすめトップ5】新宿区の格安バーチャルオフィス【新宿/西新宿/高田馬場】

東京・新宿区のおすすめのバーチャルオフィス5社を表にまとめました。

会社名価格
(税込)
《店舗》
住所
転送
サービス
オプション
郵便物電話電話代行会議室

GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートのアイコン


月額:660円~
初期費用:無料
《新宿》
新宿区西新宿三丁目

無料
×××

レゾナンス

レゾナンスの画像


月額:1,650円~
初期費用:5,500円
《新宿》
新宿区西新宿三丁目

実費

上位プラン対応

上位プラン対応

全プラン対応

Karigo
(カリゴ)

karigoのロゴ


月額:3,300円~
初期費用:5,500円~
《東京 新宿》
新宿区新宿

実費

上位プラン対応

上位プラン対応
×
《高田馬場》
新宿区下落合

ユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィスの画像


月額:3,850円~
初回登録料:6,600円
《新宿》
新宿区西新宿七丁目

100g以内無料

上位プラン対応

上位プラン対応

全プラン対応

ワンストップ
ビジネスセンター

ワンストップビジネスセンターのロゴ


月額:5,280円~
初期費用:10,780円~
《新宿》
新宿区新宿五丁目

100g以内無料

上位プラン対応

上位プラン対応

全プラン対応
《西新宿》
新宿区西新宿七丁目
《高田馬場》
新宿区高田馬場三丁目

ランキング順に、各社の特徴をくわしく紹介します。

ランキングTOP5

1位:GMOオフィスサポート

2位:レゾナンス

3位:Karigo(カリゴ)

4位:ユナイテッドオフィス

5位:ワンストップビジネスセンター

 

1位:GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポート」では西新宿三丁目の1か所が提供されています。

2021年にサービス開始ばかりのGMOオフィスサポートですが、超格安プランが大人気

大手GMOグループの安心感(資本金:2億9千万円!)も相まって、いま最も人気と勢いのあるバーチャルオフィスです。

 

気になる料金プランは以下の通りです。

GMOオフィスサポート 料金

個人事業主・フリーランスで郵便転送が不要な方は、なんと月額660円で新宿の住所をレンタルできます!

週1転送の最上位プランでも月額2,750円圧倒的に格安なプランを実現しています。

なおGMOオフィスサポートでは初年度の基本料が3カ月分無料になる無料プログラムが実施されています。

詳細は下記ボタンからどうぞ!

\基本料金が3カ月無料!/

GMOオフィスサポート 公式

 

2位:レゾナンス

レゾナンスののHP画像

画像引用元:レゾナンス公式HP

レゾナンス」では新宿の1か所が提供されています。

ユーザーからの人気が非常に高く、Googleマイビジネスの口コミでは4.8点(5点中)の高評価。

ゼネラルリサーチの調査では、バーチャルオフィス部門で「価格満足度No.1」「人気No.1」「顧客利用満足度No.1」で4年連続3冠を達成しています。

さらに月額料金が1,650円になるキャンペーンが行われており、初心者の方にオススメできるバーチャルオフィスです。

格安かつ充実したサービスのレゾナンスを検討してみませんか?

\1,650円/月のキャンペーン中/

レゾナンス公式

 

3位:Karigo(カリゴ)

karigoのロゴ

画像引用元:Karigo公式サイト

Karigo(カリゴ)」では新宿、高田馬場の2か所が提供されています。

Karigoは2006年から営業を続けている老舗で、資本金も4168万円と潤沢

安定した経営がユーザーに安心感を与えてくれます。

 

Karigoの最安プランは月額3,300円で、「住所レンタル」と「荷物受取」に対応しています。

Karigoのプラン一覧

電話対応がいらない事業をしている方や、自分自身で電話を受ける方にもっともオススメのバーチャルオフィスです。

もっともスタンダードで安定したバーチャルオフィスです!

\超格安3,300円/月~/

Karigo(カリゴ) 公式サイト

 

4位:ユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィス」では新宿の1か所が提供されています。

住所貸しだけでなく、すべての拠点で会議室を使用できるのがユナイテッドオフィスです。

他社からユナイテッドオフィスに切り替えたユーザーの95.6%が満足している調査も出ています。

安定した経営が特徴で18年の実績があるので、安心してバーチャルオフィスを利用したい方にオススメです。

\信頼の実績18年/

ユナイテッドオフィス 公式

 

5位:ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンター」では新宿、西新宿、高田馬場の3か所が提供されています。

近年、ユーザーが急増しているバーチャルオフィスがワンストップビジネスセンターです。

ワンストップビジネスセンターの契約者数について

最大の特徴は女性20代の若手起業家の応援している点です。

「初期費用」と「1か月分の料金」が無料になるサービスを実施しており、若い起業家や女性から高く評価されています。

\女性/20代は初期費用1か月無料/

ワンストップビジネスセンター 公式

 

【厳選7選】新宿区の格安バーチャルオフィスによくある質問【新宿/西新宿/高田馬場】

東京・新宿区のバーチャルオフィスでよくある質問にお答えします。

よくある質問

  1. そもそもバーチャルオフィスって?
  2. シェアオフィス等との違いは?
  3. どんな用途で使えるの?
  4. どんなメリットがあるの?
  5. なんで審査が必要なの?
  6. 解約するときの注意点は?
  7. ぶっちゃけ違法?

 

Q1.そもそもバーチャルオフィスって?

住所や電話、荷物受取といったオフィスの機能をレンタルできるサービスです。

レンタルした住所で法人登記したり、ウェブサイトや名刺に記載することも可能なんです。

自宅住所を公開したくない女性や個人起業家にオススメできるサービスですよ。

新宿や高田馬場といった住所で登記することができますよ!

 

Q2.シェアオフィス等との違いは?

シェアオフィスやレンタルオフィスとは実際に仕事をするスペースをレンタルできるサービスです。

「場所」を提供するのがメインサービスなのに対し、バーチャルオフィスは「住所」などの機能を提供するサービスです。

新宿や高田馬場にはシェアオフィスも多いのが特徴ですね。

 

Q3.どんな用途で使えるの?

前述した通り、ウェブサイトや名刺に記載したり法人登記にも利用できます。

ほかにもネットショップの特定商取引法の表記に利用することも可能です。

新宿や西新宿、高田馬場の住所は価値が高いですよね!

 

Q4.どんなメリットがあるの?

A.3つの大きなメリットがあります。

3つのメリット

  1. 自宅住所を公開しなくてよい
  2. コストを削減できる
  3. 一等地の住所をレンタルできる

特に女性の一人暮らしや小さな子供がいる家庭は、住所を公開すると大きなリスクになりますよね。

ストーカー被害や嫌がらせを受ける起業家だって少なくないのです。

 

ほかにもオフィスを借りるより大幅なコスト削減につながりますし、憧れのオフィス街やおしゃれな街の住所を登記することができます。

新宿や高田馬場で本当のオフィスを借りると莫大なコストがかかりますよ!

 

Q5.なんで審査が必要なの?

A.犯罪に利用されるのを防ぐためです。

バーチャルオフィスの住所は複数の事業主や会社で共有されます。

あなたが登記した住所が、公序良俗に反する事業、違法的・反社会的な事業に利用されていたら最悪ですよね。

新宿で、審査の甘いバーチャルオフィス絶対に利用しないでくださいね。

なお、料金が極端に安いバーチャルオフィスは審査が甘い傾向にありますよ。

 

Q6.解約するときの注意点は?

A.早めの解約手続きが必要です。

バーチャルオフィスの契約は自動更新される場合がほとんどです。

なので解約する際は、更新月を確認したうえで早めの解約手続きを行う必要があります。

 

解約後はウェブサイトや名刺に記載した住所を削除しないといけません。

もし住所を記載したままにすると、規約違反として延滞料金を請求される場合があります。

 

Q7.ぶっちゃけ違法?

A.違法ではないです!

商標登記法上、会社設立時の本店所在地住所に関する制限はありません

ただし以下の業種ではバーチャルオフィスで登記することは不可能です。

以下の業種はNG

  • 士業(弁護士、行政書士、税理士など)
  • 人材派遣業
  • 建設業、不動産業
  • 金融商品取引業者
  • 中古品販売・リサイクルショップ
以上、参考にしてくださいね!

 

【まとめ】新宿区の格安バーチャルオフィス【新宿/西新宿/高田馬場】

本記事では「東京・新宿区の格安バーチャルオフィス」の選び方やおすすめランキングを紹介しました。

バーチャルオフィスの住所はウェブサイト・名刺に記載する住所ですし、法人登記にも使えます。

料金の安さだけでなく、駅からのアクセスやサービスなどをしっかり比較して慎重に選んでくださいね!

以下の記事でもバーチャルオフィスをわかりやすく解説しているので参考にしてください!

-バーチャルオフィス
-